もちぼしの不動産・年金・お金のブログ

都内で働く一般会社員OLのもちぼしです。将来への不安から2015年6月に不動産投資用マンションを購入。昔は150万円のリボ払い借金持ちでした。マンションオーナーになるまで、なってからの出来事や気になる年金・お金のことについても書き綴ります。

不動産投資の確定申告!税理士さんにお願いしてきた!

   

こんにちは、もちぼしです。
いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

今日は会社帰りに、不動産投資の確定申告の相談&作成をお願いするために、税理士さんにお会いしてきました。

↓過去の関連記事

完全にお手上げの確定申告。
こんにちは、もちぼしです。 いつもブログをお読みいただきありがとうございます。 ついにこの時期がやってきてしまいました。そう・・・「初めての確定申告」(BGM:初めてのおつ

不動産投資で初めての確定申告。税理士さんに会ってきます!
こんにちは、もちぼしです。 いつもブログをお読みいただきありがとうございます。 おはようございます!早起きしました♪ 今日は、会社帰りに不動産投資の確定申告をお願いす

マンションを購入した営業担当さんの友人だったということもあり、安心して依頼することができました。
実際にお会いして話をしてみて、とても人柄もいい方で、調子にのって色々質問攻めにしちゃいました(笑)

まずは、税理士さんから当日持参してきてほしい書類一覧の連絡がありました。

・平成27年、1年間の入金状況がわかるもの(預金通帳など)
・管理会社が入っている場合、管理会社の報告書
・修繕費など支出したものがあれば、その領収証
・物件の売買契約書
・敷金や固定資産税の清算をした精算書
・土地、建物の謄本
・税務署に開業届を出している場合はその控え
・税務署に青色申告の届を出している場合はその控え

・会社が発行した源泉徴収票 

お、多い・・・・。

(^▽^;)

いちおう不動産に関連する書類は、すべてファイリングしていたためなんとか揃えられた。
セミナー代や交通費、書籍代なども別途エクセルで記入し、領収書をまとめていたのでそれも持参。

どこまで経費計上できるか?不安だったのですが、税理士さんに聞いたところ、よほど高額で目立つ物でなければほとんどのものは経費として計上して大丈夫!とアドバイスをもらいました(^▽^*)

さすがに「宝石100万!」とか計上したら税務署から連絡くるだろうねと冗談で言っていました(笑)

そ、そんなレベルなの・・・?まぁ不動産は数千万〜の世界だからね(笑)

 

私が経費として計上した項目例

・交通費(不動産会社との打ち合わせやセミナーなど)
・書籍代(不動産に関連する本)
・文具代(書類を入れるためのファイルや実印作成費など)
・雑費(証明書発行にかかった費用など)
・セミナー代
・懇親会費用(不動産オーナー仲間との食事費用など)

上記のものをお渡ししました。
今回は支払っていないのですが、不動産の「修繕費」などもあれば計上できるそうです。

この前、壊れたと連絡のあった浴室乾燥機は、瑕疵担保適用で負担がゼロだったので安心した。

 

不動産投資の場合は、やはり「白色」より「青色」がよかった!

こちらは、マンションを購入するときにどちらにするかすごく迷いました。
「青色」にすれば、10万円の控除が受けられることは知っていたのですが、まだ1戸だけ&初年度なのでたぶん赤字になるから、帳簿をつけなければならない手間を考えると白色でいいのでは?
と考えたので、今回は「白色」で済ませることにしていました。

スポンサーリンク

ですが、税理士さんに聞いてみたところ「青色」も「白色」も今はそれほど手間が変わるわけではなく、やはり10万円の控除が受けられる分、青色の方がいいですね、とアドバイスいただきました。
(そもそも、私の場合は最終的に税理士さんにお任せすることにしたので、手間もなにもなかったw)

※控除というのは、「10万円が現金でもらえる」のではなく「10万円の所得がなかった計算にしてくれる」というものです

なんだ・・・10万の現金もらえると思ってた!(←アホ)

と、いうわけで!
来年からは、「青色」申告で行うことに!!

税理士さんの方で「開業届け」と「青色申告申請書」を提出してくれるそうです。

ほんと・・・・・楽・・・・・・!!!!!
税理士さんがいるって本当にありがたいですね!プロってすごいや!!!(感激)

 

その他、雑談でいろいろ聞いてきちゃいました♪

・節税したいなら法人化するって手もある
→保険を利用したり、役員手当という手段を使ったり、節税するための手法が広がるそうです!

・税理士がついた場合は、何かあっても税務署(国税)→税理士にまず連絡が入るので安心してね
→税理士さんが作った書類なので間違いはないと思いますが、何かあっても相談に乗ってくれるので安心です♪

・・・ちなみに税務署と面談することになった場合は、もちろん平日なので会社を休まないといけません(笑)
ほんとにお役所の人は・・・・・(^▽^)ハハハ

・税理士に依頼した分の費用は、次回(来年)の確定申告で費用計上できる
→領収書などを忘れずに取っておきたいと思います!!

・住民税の支払いは「普通徴収」か「特別徴収」か2パターンから選べる
→会社に副業がバレたくない人はもちろん「普通徴収」ですね。
会社員は標準的には「特別徴収」になってるみたいなので注意が必要。

●普通徴収
納税者本人に直接、納税通知書と納付書が届く方法。
●特別徴収
給与などから天引きされる方法。

私の場合は、別に会社にバレても平気なのですが、まぁ色々聞かれるのも嫌なので「普通徴収」にしました。
後日送られてくる納税書をもって、コンビニや銀行に払いに行けばいいそうです。

※4回に分けて払うのが通常のやり方なのですが、一括で払うことも(本当はダメだけど)可能だそうです
→支払うときに「一括で払いたい」旨を伝えて払えばOK

こんな感じでしょうか〜〜!

税理士さん、ほんとお金に関する知識量がハンパないっす!!!
次から次へと、節税の裏技がポロポロと・・・・(法人化はまだムリなので感動してひたすら聞いてました)

税理士ってすごい!!!

お金の世界って「知ってるか」「知らないか」の差だとつくづく思いました!!

私も20代のときは「リボ払は利息ばかり払って損する」ことを知らずに借金地獄でしたから・・・(遠い目)。
だから大人になってからの勉強って価値があるんですよね。
知らないって怖いです。

税理士さんが作成してくれた書類ができあがったら、また詳細を報告したいと思います♪

ブログを最後までお読みいただきありがとうございました。