もちぼしの不動産・年金・お金のブログ

都内で働く一般会社員OLのもちぼしです。将来への不安から2015年6月に不動産投資用マンションを購入。昔は150万円のリボ払い借金持ちでした。マンションオーナーになるまで、なってからの出来事や気になる年金・お金のことについても書き綴ります。

5月6日本田晃一さんの幸せになる講演会に参加してきたよ♪

   

こんにちは、もちぼしです。
いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

GWがあっという間に終わってしまいましたね〜。
ほとんどの休日を家でゆっくり過ごしていたのですが、昨日は私が普段よくブログを読んでいる、本田晃一さんことコウちゃんが単独講演会をやるとのことで参加してきました(^^)

本田晃一(ほんだこういち)さんってどんな人?

お金持ちの44歳男性です(笑)
というのはザックリしすぎているので…

あの日本一の大投資家竹田和平さんの後継者とも言われている方で、心屋仁之助さんの親友でもあります。
大学生のときに、オーストラリアを自転車で横断し(サックスを持ちながら。笑)、オーストラリアから帰国するやいなや、お父様のゴルフ会員事業が大変なことになっており、それを立て直して年商10億を稼いだ人でもあります。

本田晃一さんは、私にとってはお金の師匠。心屋さんは心の師匠ですが、お金のこと&人間関係のことについては本田晃一さんから学べることが本当に多いです。

本田晃一 単独講演会 5月6日

本田晃一さんが講演会をするのはなんと13年ぶり!

コウちゃんはいつも「何か良いものを提供しよう」とか「学びある講演会にしよう」ということは全く考えておらず、話すことも当日まで考えないという大胆な人(笑)心屋さん的に言えば完全に後者だろうなぁ。

それでも450人がGW最後の週末に集まり、90人以上のキャンセル待ちが出るという大反響!!
それだけコウちゃんとう人柄に魅力があるということなんでしょうね。

コウちゃんは、最近は知人の講演会に招待されてゲストとしてちょろっと喋ることが多かったらしく(本人曰く面倒くさかった。笑)、単独で講演会を行うのは、なんと2004年以来の13年ぶりなんだそうで。

コウちゃんを知ったきっかけは心屋さんのBeトレですが、こうして13年ぶりの講演会に参加できたのはラッキーだったかもしれません。いつもはニートのような人ですし…

花 本田晃一 講演会

本田晃一さんの講演会で学んだこと その1

いろいろと人生が明るくなるお話を笑まじりで聞かせてもらったのですが、いくつか印象に残った話があるのでそれについて書きたいと思います。

1つ目は、親のアドバイスがうっとおしいと思ったときの対処法について。

親は子供が大事だから心配してくれてるんだということは頭では理解できるものの、うっとおしく感じることって多いですよね。そんなときは…?

スポンサーリンク

コウちゃん曰く「自分が大きなクジラになった姿を想像するといい」とのこと。
クジラはいろんな魚や水を一気に大きな口の中に飲み込むけれど、余分なものはぜーんぶエラの外から出しちゃうそうです。
親からのアドバイスもいったん大きな口の中に全部飲み込むものの、いらないものはエラから吐き出しちゃえばOKと(笑)なるほど確かにそれだと気楽だな〜とこれから実践していきたいと思いました(^▽^)

本田晃一さんの講演会で学んだこと その2

私はコウちゃんが提供する「世界一ゆる〜い帝王学(お金編)」を4月から受講しているのですが、この中で出てきた話と関連して印象に残っている話があります。

それは「ムダなものこそが豊かさである」という話。

日本人は真面目だから、どんどんムダを省いて節約していこうとするけれど、ムダなものの中にこそ豊かさがあることを忘れてはいけない。
趣味で音楽を聞くことだって、旅行することだって生きる上ではムダなことかもしれない。でもそんなムダの中にこそ豊かさがあるんだととコウちゃんは教えてくれます。

お金持ちになりたいなら、自分のやりたいこと、好きなことに蓋をしてはいけない。
好きなことをしていると、どんどん魅力が高まりラッキー体質になる。

貧乏になろうと思うなら簡単で、どんどん自分のやりたいことを我慢すればいい。
我慢していると、どんどん魅力が曇りアンラッキー体質になる。

なるほどなと思いました。心屋さんもよく同じことを言っているので、このあたりはお金持ちの真理に近いのかなと感じます。自分の気持ちに正直に生きるって大切ですよね。

本田晃一さんの講演会で学んだこと その3

誰かと仲良く(マブダチ)になりたいと思ったとき、どうすればいいか?
相手が今求めていることは何かを知り、自分が差し出せるものを提供する」こと。

コウちゃんは、日本一の大投資家である竹田和平さんに出会った瞬間にマブダチになりたいと思い、当時、竹田和平さんが求めていた「徳について学ぶメルマガ会員」(当時1万人ほど)を提供しました。

また、心屋仁之助さんと仲良くなりたいと思った時は、心屋さんが出版する本を全て読み、「心屋さんが話したいだろうな」と思っていることと「自分の当時の悩み」の共通点を探し、8時間も永遠と語り合ったことがきっかけで親友になれたそうです。

誰かと仲良くなる、味方につけることに関しては天才級のスキルを持つコウちゃん。
これからも見習っていきたい。(*´・∀・)ノ

他にもコウちゃんがオーストラリアを自転車で横断したときの話や、ゴルフ会員権のお父さんの仕事を立て直すときに出会った、スイートルームのお金持ちの人の話など面白い話がいっぱい聞けました。

コウちゃんから幸せオーラのおすそ分けがもらえて大満足です。

「鳥肌が立ってしまったならやるしかない!」こうちゃんの教えを胸に生きていきたいと思います。
ブログを最後までお読みいただきありがとうございました。