もちぼしの不動産・年金・お金のブログ

都内で働く一般会社員OLのもちぼしです。将来への不安から2015年6月に不動産投資用マンションを購入。昔は150万円のリボ払い借金持ちでした。マンションオーナーになるまで、なってからの出来事や気になる年金・お金のことについても書き綴ります。

家計簿を長続きさせるコツ

      2016/03/24

こんにちは、もちぼしです。
いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

先日、支出をインプットして家計をコントロールするために「家計簿をつけよう」という話を書きました。
↓過去の参考記事

新しいことに挑戦して器を広げよう
こんにちは、もちぼしです。 いつもブログをお読みいただきありがとうございます。 今日の都内は雷が鳴り響く豪雨でした。 給料日で銀行に出かけていたのですが降りだす前でよかっ

今回はついつい面倒くさくなりがちな「家計簿を長続きさせるコツ」について書きたいと思います。
家計簿 コツ

私が行っているのは以下の2つです

①目的別に銀行口座を作る

よくマネー雑誌などを読むと、銀行口座は
・もらう用
・使う用
・貯める用
の「3つに分けて持つといい」と書かれたりしますよね。

でも、お金の流れを把握するのって結構大変
そんな問題を解決するため、私は「細かく用途別」に銀行口座を作成しています。

例えば…
・クレジット引き落とし口座
・光熱水道引き落とし口座
・家賃通信引き落とし口座
・固定生活費口座
・趣味娯楽口座
・旅行用口座
・投資用口座
・不動産用口座

こんな感じです。
所持している口座数は、約15種類です(笑)

目的別にお金の出入りを分けているので、家計簿をつけなくても通帳を見るだけで把握できるのがメリット

スポンサーリンク

必要な額がわかりやすいので、不足になることもありませんし、目的別貯蓄も可能。
残高だけは、定期的にチェックしています。

②クレジットはデビットカードを使う

クレジットカードは、どんどんお金が出てくる打ち出の小づちのように錯覚しがち。
ついつい、多額をして翌月の家計が苦しくなる…という経験をしがちですよね。
私はなんども苦しい経験があります(笑)

数十万円以上使ってしまって、じり貧の生活を強いられたことも・・・
クレジットカードはなるべく使いたくない!
でも、
・手持ちのお金がない
・ネットでクレジットを使わざるを得ない
こんなシーンは度々ありますよね。

そんなとき、デビットカードを1枚持っておくと便利です。
デビットカードは、クレジットカードと同じように使用できますが、違いは
「銀行口座と連携していて、支払いは、預金内から支払われる」
ということです!!
支払いがリアルタイムで減るので、翌月以降の借金になることもありません。

いかに楽して、
・お金の流れを把握するか
・自分をコントロールするか

「仕組み」を作ることが何より重要ですね!
人によって自分に合う家計ルールは様々だと思いますが、
お金持ちの共通点って「仕組み作り」が上手なこと。

最初の「仕組み」さえできてしまえば、後は、楽をしてもうまく回るようになります。
家計の仕組み作り、意識してみませんか?(^_^)

ブログを最後までお読みいただきありがとうございました。