もちぼしの不動産・年金・お金のブログ

都内で働く一般会社員OLのもちぼしです。将来への不安から2015年6月に不動産投資用マンションを購入。昔は150万円のリボ払い借金持ちでした。マンションオーナーになるまで、なってからの出来事や気になる年金・お金のことについても書き綴ります。

不動産投資の始め方・購入の流れ

      2015/09/25

こんにちは、もちぼしです。
いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

2015年6月から「不動産投資」を始めました。
今回は、私がオーナーになるまでに辿った「不動産投資の始め方」(物件購入までの流れ)についてご紹介したいと思います。
不動産投資 始め方

不動産投資を始めようと思ったキッカケ

●将来のお金・公的年金に不安があった
●サラリーマンの平均年収は右肩下がり
●今後、副業を始めなければ生きていけない

様々なニュースで「公的年金や平均年収・退職金の減額」など、将来を不安に感じさせる話がありました。
投資を始めよう!と思ったのは、主に老後のお金が心配でたまらなかったのが理由です(笑)

不動産投資の始め方

ここからは、具体的にどういう手順で「不動産投資」を始めればいいのか箇条書きでご紹介します。
(主に私が実際にどうやって不動産を購入に至ったかという流れです)

①本や無料のセミナーで知識をつける
不動産サイトのセミナー情報から、無料のセミナーに参加することができます。初心者向けで、気軽に、不動産投資のメリットやデメリットを教えてくれます。たまに、有料のセミナーもありますが、まずは無料のセミナーで充分です(笑)
私もいくつかのセミナーに参加しましたが、東京リバックスという会社のセミナーは、内容も分かりやすく、また、実際にオーナーの体験談も聞けたのでよかったです。

②HOMESなど不動産WEBで気になる物件に問い合わせする
メールで物件の詳細を送ってくれます。また、営業の担当者も紹介してくれます。

③不動産会社の営業担当と知り合う
まずは、頼れるパートナーに出会うことが、成功への近道です(笑)
何の前知識もなく飛び込むと、鴨にされかねないので、①~②の手順をきちんと踏むことをオススメします。
年収や希望条件を話して、物件を紹介してもらいましょう。
WEB上にはない、いちおしの物件なども見せてくれます。

④気になった物件を実際に見に行く
「マイソク」と呼ばれる、物件の概要をまとめた資料があります。
この資料で、物件価格や家賃価格、利回り、賃借人の有無などが確認できます。気になった物件は、どんどん直接現地まで見に行ってみましょう!優良物件は待ってはくれません(笑)
頼れる営業担当に出会えれば、チェックした方がいいポイントなども教えてくれますよ~♪(*゚▽゚)ノ
(例)
・駐車場やごみ収集所など公共エリアの管理は行き届いているか?
・周囲の治安はどうか?
・駅からの距離はどうか?
・女性でも住みやすそうか?
女性に人気の物件は、男性にも人気があります

⑤様々な不動産会社を訪れて②~④を繰り返す
気になる物件は、どんどん問い合わせてみましょう!
今は、メールでのやり取りが多いので、いきなり電話が掛かってくることも少ないです。興味がなければお断りすればいいので、まずは、頼れる営業マンを探すことが先決です(笑)

スポンサーリンク

⑥気に入る物件が見つかったら予算とキャッシュフローを確認する
自分の年収や、家族にも相談しながら
・実際に購入できるか?
・返済できるか?
などキャッシュフローを確認しましょう。
私は税理士とファイナンシャルプランナーに事前相談をしました。
★キャッシュフローの組み方に関しては、税理士さんが書いた、以下の本が参考になりました。
不動産投資専門税理士が明かす 金持ち大家さんの共通点
赤字のキャッシュフローで購入するといかに危ないかがわかります(笑)

⑦購入申込書を提出する
購入の意思表示です。この時点では、まだ購入制約はありません。
お断りすることもできますし、あくまで、購入の順番待ちに並ぶ形になります。

⑧ローンを組む場合は、仮審査を行う
不動産会社の営業マンと相談しながら、ローンを組む銀行を決定し、仮審査を通します。この時点で、ローンが組めそうか分かります。「源泉徴収」や「身分証」など一通りの書類が必要です。

⑨物件の本契約
いよいよ、物件を正式に購入するための「契約書」を交わします。この時点で購入する制約が発生します。頭金として、手付金がいくらか必要になる場合があります。同時に、物件に関する重要事項説明があります。

⑩ローンの本審査
ローンを組むために、銀行に本審査を依頼することになります。
実際に銀行に赴いて、書類を書いたり面談があります。

⑪物件購入
ローン審査が通ったら、無事に物件を購入できることになります。
引渡し日などを確認して、あとは決済を待つだけです。

⑫賃借人を任せる管理会社を決める
家賃の振込みを任せる管理会社を決めましょう。
今は、購入した不動産会社で、管理業務もあわせて行ってくれる会社が多いので安心です♪
ざっくりとした流れになりますが、上記の流れにて、不動産投資を始めることができます。
まずは、書店で不動産投資に関する本を読んだり、無料セミナーに参加してみるのが第一歩になりますよ♪
▼おすすめ書籍
▼不動産投資を始めるなら「東京」がいい理由、物件の増やし方を解説
中古ワンルームは「東京23区」を買いなさい!―家賃下落、空室、資産価値縮小…3大マイナス要因を徹底分析! リスクがリスクでなく
▼事前キャッシュフローの組み方を税理士が解説
不動産投資専門税理士が明かす 金持ち大家さんの共通点
▼不動産投資の教科書、必要な知識が1からわかる
確実に稼げる不動産投資 副業入門
ブログを最後までお読みいただきありがとうございました。