もちぼしの不動産・年金・お金のブログ

都内で働く一般会社員OLのもちぼしです。将来への不安から2015年6月に不動産投資用マンションを購入。昔は150万円のリボ払い借金持ちでした。マンションオーナーになるまで、なってからの出来事や気になる年金・お金のことについても書き綴ります。

上司から不動産投資の相談を受ける(2)~上司は分析好きの巻~

   

こんにちは、もちぼしです。 いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

年末の飲み会の席でウッカリ不動産投資をしていることを上司にカミングアウトしてしまった私。その流れで不動産投資(プライベート)の相談にのることになってしまった件の続編です。
↓前回のブログは以下をお読みください

会社の上司から不動産投資について相談を受けるの巻(1)
こんにちは、もちぼしです。いつもブログをお読みいただきありがとうございます。 2019年あけましておめでとうございます(^▽^*)!今年もマイペースですがブログを更新していき

突然のランチのお誘いで相談を持ちかけられてからもうすぐ1ヶ月。
そろそろ何らかの進展があったのではないか?と気になっていたため、こっそり上司に探りをいれてみることに。

ちなみに、前回の記事でプチ反響をいただいたため、上司の属性をかんたんに記載しておきます(笑)
年齢/性別:45歳(男性)
職業:私が所属するチームの企画部長
結婚:既婚者、子供ナシ(いわゆるDINKs)
年収:800〜1000万円程度(今度詳しく聞いてみようと思う)
出身:青森
趣味:自転車旅行

子供はいないのでそこそこ貯金があるかと思いきや、妻夫ともに散財癖が強いといつも愚痴をこぼしている。
(とはいえ、都内のタワマンに賃貸で暮らしているのだからステータスが高いことは確かだ)

今日は会議室への移動途中、偶然に上司と2人きりになったので勇気を出して話を切り出してみることにした。

私「あれから、不動産投資の進展はありましたか?」
上司「おぉそうだ、借りた本読ませてもらったぞ!税理士の本、あれはなかなかよかったな」
私「稲垣さんが書いた本ですね。あの本は私も気に入ってるんです。失敗事例満載で毒舌なのが良いですよね」
上司「うむ…」

低金利時代の不動産投資 日本財託 本
どうやら、私が貸した2冊のうち稲垣さんの本(不動産投資専門税理士が明かす 金持ち大家さんの共通点)が気に入った様子。もう1冊貸した本は日本財託の重吉さんが書いた「中古ワンルームは「東京23区」を買いなさい!」だがこちらは2011年出版で内容が古くなってしまったため、これから読むなら「低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人」の方をおすすめしたい。(低金利時代に合わせた成功例と失敗例が書かれているので、スタバで読んだがなかなか面白かった)

スポンサーリンク

上司「あの本を読んでいたら、区分マンションより一棟の方がいい気がしてきたんだが…」
私「一棟は、空室の原状回復や修繕工事で百万単位のお金がかかるのでリスク高いですよ?」
上司「うーん…」
私「あと千葉と神奈川も2015年以降は空室率が増加しているので、一棟やるとしても東京がいいと思います」

どうやら一棟モノに興味を示しているご様子( ̄∇ ̄ *)
  ※余力資金があるなら止めないが、貯金がないことを知っているのでおすすめできない…

私「それで、その後いくつかセミナーには参加したんですか?」
上司「いや、いろいろ調べてはいるんだが…」

あ、これは。
男性ならではの(特に分析家タイプに多い)石橋を叩いて前に進めないやつだ(笑)
※不動産投資は、男性より女性の方が、圧倒的にスピーディで即断力があります(良いか悪いかは別として)

上司「ちなみに今は地図を見ながら、物件を買うエリアを検討中だ」
私「どんなサイトですか?」
上司「3年先まで町の変化(新設、取り壊し情報)が調べられる!スゴイだろ」

MapFan 未来情報検索機能(引用元)住まい探し×未来地図
私「へぇぇ〜MapFanですか。あ、池袋にも建設予定がいっぱい。面白いですね」
上司「そうだろう」

…というわけで、上司は今、地図サイトでの分析がブームのご様子( ̄∇ ̄ )(笑)

まぁ不動産投資を始めるとしても、人それぞれのスピードやタイミングがありますからね。
人生を左右するものですし、急かすことなく、これからもじっくり温かく見守っていきたいと思います。

ちなみに私は、2月下旬と3月上旬に都内開催の2件の不動産投資セミナーに参加する予定です!
新しい不動産会社&営業マンとの出会いを求めて。面白い情報が得られることを期待しつつ、まったり投資活動を進めていきます。

ブログを最後までお読みいただきありがとうございました。