もちぼしの不動産・年金・お金のブログ

都内で働く一般会社員OLのもちぼしです。将来への不安から2015年6月に不動産投資用マンションを購入。昔は150万円のリボ払い借金持ちでした。マンションオーナーになるまで、なってからの出来事や気になる年金・お金のことについても書き綴ります。

3連休は女性向けマンションのモデルルームを見学してきます♪

   

こんにちは、もちぼしです。
いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

今週末は3連休ですね〜♪
のんびり過ごす予定だったのですが、世田谷にある女性向けマンションのモデルルーム見学に誘われたので気分転換にぶらり見てこようかと思います。

これまで不動産投資用の中古物件ばかり見ていたので、住宅用のモデルルーム見学は2回目ぐらいです(笑)
きっとすごい高級でおしゃれなお部屋なんだろうな〜(^ω^)

住宅を購入するか?賃貸のまま暮らすか?この選択は永遠のテーマですよね。
でも実は、私が定年を迎えるころには、人口減少で不動産が供給過多となり、安くて高品質な賃貸物件が多数出回っている可能性が高いです。

不動産の価格水準や売却チャンスも、都心以外はどんどん厳しくなるでしょうから、安易に住宅を持つのはとっても危険です。

モデルルーム マンション見学

そういう点では、負債にしかならない住宅用マンションの購入は今のところ視野に入れていません。
住宅用のマンションを買うならば、手元にお金が入る「資産」となる投資用マンションを買いたい・・・!
そんな少し曲がった性格です(笑)

スポンサーリンク

借金を抱えて貧困になる原因とされる、人生における3大ムダ出費は、
1)過度な住宅ローン
2)過度な保険加入
3)過度な教育資金
(おまけ4)過度な自動車ローン)
です。
逆にこれら3つの支出管理にさえ注意していれば、将来お金に困る可能性は低いです。

今回のモデルルーム見学への参加は、女性のためのマンションオーナー会を主催している先生が案内してくれるので、マンションを見るにあたって重要となるポイントを教えてもらえそうだと思ったからです。

あと10人ほどで見学するので、他の女性がどんな視点でマンションを選ぶのかはとても興味があります。

モデルルームというぐらいだから、家具とかオプション設備とか、これでもかというぐらい素敵にこだわっているんだろうな〜(笑)
そういう上流世帯の暮らしぶりを体験してみたいという好奇心もあります(・∀・)

きっとものすごい口説き文句とかあるんだろうな・・・。

広くて優雅なマンションに憧れつつも、将来物件を選ぶことになったとき困らないように、マンションに関して学べる知識はどんどん得ていきたいと思います〜。

ブログを最後までお読みいただきありがとうございました。