もちぼしの不動産・年金・お金のブログ

都内で働く一般会社員OLのもちぼしです。将来への不安から2015年6月に不動産投資用マンションを購入。昔は150万円のリボ払い借金持ちでした。マンションオーナーになるまで、なってからの出来事や気になる年金・お金のことについても書き綴ります。

お金が貯められないを脱却する方法

      2015/09/25

こんにちは、もちぼしです。
いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

今日は過去に全然お金が貯められなかった自分を振り返って、どうすれば「お金が貯められるようになるのか」について書いてみたいと思います。

私は30歳を過ぎた今でこそ、毎月積み立て投資をしたり、貯金をしたりすることがようやくできるようになってきましたが、25歳ぐらいまでは全く貯金ができない人間でした。
毎月給料をもらうと、好きなだけ服やゲームを買い、友達との旅行にお金を使う日々。

社会人になったときに、給料日に一定額の金額(当時は2万円に設定していました)を定期預金に自動預金するシステムを利用することにしていたのですが、実質貯金はゼロ。

定期預金と普通預金がリンクしている口座を利用していたので、「マイナス口座」(定期預金を担保に、普通預金の残高がマイナスになること)の体験もしました。
銀行口座が「マイナス」になる経験をしている人なんて、めったにいないんじゃないでしょうか(笑)

大学に進学したときに、実家を出て一人暮らしを始めました。
家賃や生活に必要なお金は、両親が仕送りしてくれていましたが、食費の管理や趣味に使うお金は全部自分がコントロールしていたので滅茶苦茶でした。
大学~社会人25歳までの間に、クレジットカードのショッピングリボで計150万円ぐらいの借金がありました。

↓当時の内訳はこのような感じ(ひぃ)
・三井住友カード リボ40万円(上限Max)
・UFJカード リボ30万円(上限Max)
・エポスカード リボ80万円
・イオン銀行カード リボ10万円

金利は、当時はまったく意識していなかったのですが、よくよく調べてみると年率15%
25歳のときに、借金の恐ろしさ、リボの恐ろしさ、マイナス預金の恐ろしさ(マイナス預金にも金利が発生します)に気づき、返済を決意。(っД`)
25~27歳の2年間で、ようやく全額を返済することができました。

スポンサーリンク

私がリボ払いの借金150万を返済できた理由

①借金(高金利)の恐ろしさに気づいた
②毎月5万円は必ず返済すると決めた
③残額を毎月手帳にメモして、減額と残高を意識するようにした

この3点です。

幸い、消費者金融には手をだしていなかったことと、サラリーマン(会社員OL)として月額20万ぐらいの手取り収入があったこと、年2回30~40万のボーナスがあったことで、この借金生活を脱することができました。
27歳にリボ払いが返済できてからは、毎月返済していた「5万円」が丸々浮くことになったので、この金額を貯金にあてることで自然に貯金ができる体質になりました。
お金 リボ払い借金
銀行のクレジットカードリボ払いの金利とは恐ろしいもので、残額としては150万円でしたが、返済までにはおそらく200万円以上のお金を使っているはずです!(把握すらできていない)
若いうちにお金で痛い目を見ることも、今となってはお金の勉強だったとは思いますが、皆さんにはできることであれば私のようにお金に困ってほしくないなというのが本音です。
クレジットカードのリボ払いだけは絶対にやめましょう!(笑)

ちょっとだけ・・・のつもりが、積もり積もってすごい金額になっています。。・゜・(ノД`)・゜・。
毎月5万円の返済は、どのように捻出したか?

それについては、また後日あらためてブログに書きたいと思います。

本日もブログを最後までお読みいただきありがとうございました。