もちぼしの不動産・年金・お金のブログ

都内で働く一般会社員OLのもちぼしです。将来への不安から2015年6月に不動産投資用マンションを購入。昔は150万円のリボ払い借金持ちでした。マンションオーナーになるまで、なってからの出来事や気になる年金・お金のことについても書き綴ります。

老後の貯蓄について考える。

      2015/10/17

こんにちは、もちぼしです。
いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

あっという間に3連休が終わってしまいましたね・・・(´∀`)
先週は精神も体力も消耗していたので泥のように眠りました(笑)

とはいえ、今週末はブログスクールの仲間達が集まる「大阪のオフ会」に参加する予定なので、またバタバタ動くことになりそうです。

時間があるときは、お金に関する本をひたすら読んでいるのですが、その中でも最も気になるテーマは「老後の貯蓄」です。

よくメディアでは「老後に必要なお金は最低でも3,000万円は用意しよう」と言われていますが、私の場合は、投資信託と不動産投資をメインにコツコツ資金を貯めている段階です。

All aboutの「老後の心配」は貯蓄の多さで変わる?一人暮らし編という記事を読んでいたら、
貯金を3,000万円以上蓄えている家庭は「老後をそれほど心配していない」の割合が50%を超えていました。

老後に安心して暮らせるか否かは、頼れる身内・友人を持つことももちろん大切ですが、やはり安定した収入と十分な貯蓄を用意できているかどうかが大きいですね。

スポンサーリンク

私は今30代に突入したばかりですが、あと20年ぐらいの間にどれだけ不労所得を得られるかが肝だと考えています。
何より今は独身ですからね(笑)将来どうなるかわかりませんのでなおさら覚悟は必要です。

できれば60歳になるよりも前に、50歳ぐらいでセミリタイアして10年ぐらいは遊びたいと考えています!
老後 貯蓄
とりあえず直近の目標としては、2戸目の不動産投資用の物件を買うために、十分な頭金を貯めたいと思います!ヽ(´▽`*)/

のんびりしている自分の性格では、自分でお店を経営したり独立することはとても無理そうなのでサラリーマンをしながら不動産投資をするのは意外に性に合っています。
一人だと途中でくじけてしまいそうなので、不動産オーナーの仲間に刺激をもらいながら、少しずつ自分の老後や将来について考えていきたいです。

ブログを最後までお読みいただきありがとうございました。