もちぼしの不動産・年金・お金のブログ

都内で働く一般会社員OLのもちぼしです。将来への不安から2015年6月に不動産投資用マンションを購入。昔は150万円のリボ払い借金持ちでした。マンションオーナーになるまで、なってからの出来事や気になる年金・お金のことについても書き綴ります。

お金持ちの財布は薄く、貧乏人の財布は厚い

      2015/09/24

こんにちは、もちぼしです。
いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

3連休があっという間に終わってしまいました。
世間の子ども達は夏休みですね、、うらやましいです。

今日は「お金持ちと貧乏人の財布の違い」についてお話したいと思います。
よくお金に関する本には「長財布の方が金運がアップ」するなどと書かれていますよね。
これは、お金を折り曲げない=お金を大切にするという発想からくるものです。

ですが、お金持ちの財布には、もう一つ意外な特徴があります!!
それは・・・?
お金持ち 財布 薄い

お金持ちの財布は「薄い」です。

あれ??
お金をいっぱいもっているはずなのに「薄い」の?と思われる方もいるかもしれませんね(笑)

実は、お金持ちは「お札」と「小銭」を分けて持ち歩きます。
お札しか入ってない方の財布はとても薄く、小銭は小銭入れに入れているのでとてもスマートなのです!

スポンサーリンク

お金を意識して大切に扱うため、ますますお金に愛される体質になります。

一方、貧乏人といわれる人のお財布にはポイントカード、レシートなどお金以外のものがたくさん溢れています。
財布の中に悪い空気がたまってしまっています。

これではお金も居心地が悪くてどんどん出て行ってしまいますよね。
いま財布にいくら入っているのかも意識しにくくなるため、お金が出て行きやすくなるのです。

お札の「紙」は小銭の「金」が苦手です。
「紙幣」と「小銭」を一緒にすると、風水的に「紙幣」が逃げてしまうのだとか。

お金持ちになる人の習慣として「お金の価値が高い」ことが挙げられます。

お金の価値が上がると、ムダなことに大切なお金を使わなくなります。
モノよりもお金の価値が高いからです。

逆に、お金の価値が低いと、不要なモノにどんどんお金を使ってしまいます。

あなたのお財布はどうですか?
薄いですか?分厚いですか?

ぜひ、いくら持ち歩いているのかいつでも把握できるぐらい財布を大切に扱っていきたいですね。

ブログを最後までお読みいただきありがとうございました。