もちぼしの不動産・年金・お金のブログ

都内で働く一般会社員OLのもちぼしです。将来への不安から2015年6月に不動産投資用マンションを購入。昔は150万円のリボ払い借金持ちでした。マンションオーナーになるまで、なってからの出来事や気になる年金・お金のことについても書き綴ります。

不動産投資を始めるタイミングはいつがいい?

      2015/09/25

こんにちは、もちぼしです。
いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

昨日は、不動産オーナーが集まる懇親会に参加してきました。
総勢20人ぐらいが集まって、それぞれが所有している物件やエリア、利回り、市場動向などについて情報交換をしてきました。

年齢は20代~60代までと幅広いです。
私は今年の6月に、区分マンションを1戸買ったばかりの新米オーナーです。
他のメンバーは、すでに一棟アパートを5棟以上所有していたり、区分マンションは10戸以上を保有している人もいました。
同じ30代の人でもオーナー歴が2年以上ある人、5年以上あるなど様々。
一番若い人では24歳の方もいました。社会人になったばかりなのにすごいですよね。
不動産投資 タイミング

不動産投資を始めるのは何歳ぐらいがいいか?

10年ぐらい前は「投資用ローン」を組めるのは30歳以上、公務員か上場社員、年収700万円以上と厳しい条件があったそうです。
ですが、ここ数年は厳しい条件が緩和され、銀行も低金利で優遇してくれるムードです。
今は年収400万円以上、勤務年数3年以上ぐらいあればローンを組める時代です。
(頭金の用意ができればもっと緩い条件でローンを組むことも可能)

スポンサーリンク

不動産投資を始めるのは「始めたいと思ったときが始め時」だと思います。
株式やFXなどリスクの高い投資と、比較的安定性のある不動産投資を組み合わせている人が多かったです。
50歳から投資を始めるのと、30歳から投資を始めるのでは、失敗したときにリカバリーがきくかどうかという点で若い年齢の人の方がチャレンジングな投資ができるので有利です。

勉強する時間もたっぷりありますし、失敗を糧に成長することもできます。
もちろん50歳や60歳で不動産投資を始めても全然いいと思います。
昨日の懇親会でも50歳代の方はたくさんおられました。

ですが、投資を始めるのであれば早いうちから。
まずは「大成功をしなくてもいい」から「大失敗しない投資」から始めてみることが成功させるコツだと私は思います。
そうそう、余談ですが最近は一棟アパートオーナーさんの間で「太陽光発電」が急上昇ワードです(笑)

ブログを最後までお読みいただきありがとうございました。